ニュース

ミツバチの背中にセンサーを搭載!?

ワシントン大学の研究チームが、生きたミツバチの背中に装着できるセンサーを使い、気温や湿度などのデータ収集に利用できるシステムを開発しました。

どういう仕組み?

ミツバチの背中にセンサー?小さいミツバチの背中にセンサーをつけて大丈夫でしょうか。
センサーの重さは、102mgととても軽量です。ミツバチはとても力持ちなので、自分の体重と同じくらいの荷物を持って、何時間も飛ぶことができます。ドローンのように飛行に電力を消費しないため、小さなバッテリーだけで最大7時間の連続データ取得ができます。夜、ミツバチが巣箱に戻っている間に無線通信でデータを取得し、同時にバッテリーへワイヤレス充電も行います。
バッテリー切れの心配をせずに、畑や農場を縄張りにしているミツバチにセンサーを取付ければ、定期的にデータを取得することができます。消費電力が大きくなるので、GPSは搭載されていませんが計測エリアに複数のアンテナを設置することでアンテナからの受信情報をもとにして位置を割り出す独自技術を採用しています。

まとめ

ミツバチが背中にセンサーを付けて飛ぶだけで、ドローンを飛ばさなくても畑や農場の温度、湿度を遠隔で確認することができますね。
弊社でも、遠隔監視をする製品を開発しています。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。また、新規開発も承っております。「こんな製品出来ないかな」「こんな技術があるけど、コラボレーションできないかな」など何でもお聞かせください。


ご相談・お問い合わせはこちらから