IMS(Industrial Monitoring System)

お問い合わせ

お問い合わせの際には、以下をご確認ください

お問い合わせに対するご返答は、原則、eメールにて返信させていただきますので予めご了承ください。入力内容に誤り等がございますと、返答が遅れる、返答が出来ない場合がございますのでご注意願います。お客さまの個人情報に関しましては、弊社プライバシーポリシーに同意のうえ、ご入力ください。ご入力いただくお客さま個人情報につきましては、このお問い合わせに対する返答の為以外には使用致しません。

お問い合わせの流れSTEP01

内容に間違いがなければ送信ボタンをクリックしてください

お問い合わせの流れSTEP02

印の付いた箇所は必ず記入してください。

会社名

例:株式会社MTL

部署名

例:工事部

お名前(漢字)

例:山田太郎

お名前(カタカナ)

例:ヤマダタロウ

郵便番号

例:457-0844

都道府県

例:愛知県

市区町村

例:名古屋市南区堤町

番地

例:2丁目45番地

電話番号

例:052-692-3565

FAX番号

例:052-692-3565

メールアドレス

例:infomtl@e-mtec.co.jp

メールアドレス確認用

※上記メールアドレス欄と同じメールアドレスを入力してください。

お問い合わせ項目
お問い合わせ内容

パンフレット

パンフレットをダウンロードする場合には、以下をご確認ください

お客さまの個人情報に関しましては、弊社プライバシーポリシーに同意のうえ、ご入力ください。

お問い合わせの流れSTEP01

内容に間違いがなければ送信ボタンをクリックしてください

お問い合わせの流れSTEP02

印の付いた箇所は必ず記入してください。

会社名

例:株式会社MTL

お名前(漢字)

例:山田太郎

お名前(カタカナ)

例:ヤマダタロウ

メールアドレス

例:infomtl@e-mtec.co.jp

メールアドレス確認用

※上記メールアドレス欄と同じメールアドレスを入力してください。

IMS(Industrial Monitoring System)

工場・機械・設備などを遠隔で監視・制御しリアルタイムで計測・最適化するIoTソリューション

IMS

こんな悩みはありませんか?

製造部門の監視が弱い

故障解析の取り組みが弱い

保全システムとその運用が弱い

予防保全に対する取り組みが弱い

データを基にした計画的で無駄を最小限にした予防保全が可能に!

IMS(Industrial Monitoring System)

6つのPoint

  • コストパフォーマンス

    コストパフォーマンス

    製品導入・運用時のコストパフォーマンスが圧倒的に高い

  • 素早いスタート

    素早いスタート

    標準的なアプリケーションが最初から備わっているので、導入から運用まで素早いスタート

  • スケールアップ

    スケールアップ

    規模の大きさに合わせて、スケールアップが簡単にできる

  • コストパフォーマンス

    リアルタイムモニタ

    センターの読み出しを実施し、収集したデータをもとに現在状況をリアルタイム表示することが可能

  • 素早いスタート

    E-Mailによる通知

    装置の異常発生時、E-Mailによる通報機能が標準装備。センサー単位で細かい設定が可能

  • スケールアップ

    リモート制御

    リモート側からの装置制御。遠隔地の制御機能を標準装備

IMSの主な機能

  • データ知識・蓄積

    コストパフォーマンス
  • データ管理・監視

    素早いスタート
  • デバイス遠隔制御

    スケールアップ
  • 豊富な接続可能デバイス

    コストパフォーマンス
  • データ・システム連携

    素早いスタート
  • データの見える化

    スケールアップ

IMS導入による効果


 メンテナンスの時期を把握 

 設備点検・データ収集や記録にかかる時間の削減 

 産業機械・機械部品の予防保全 

設備管理もIoTなら効果的


  • 01.予防保全

    予防の程度を高めるほど過剰な部品交換を招き、保全費用がかさみます

  • IoTでできること

    効果的で無駄の少ない予防保全が可能

    メンテナンスの時期を把握

    設備点検・データ収集や記録にかかる時間の削減

    産業機械・機械部品の予防保全

  • 02.事後保全

    事後保全による機械の停止時間が長時間かかり、生産性の低下から生じる損失が伴います

  • IoTでできること

    データの蓄積と今後のAI化が進む中で、最小限の計画的な保全を行うことで損失を最小限に抑える

  • 03.自主保全

    各作業者の能力に依存してしまいます。日常点検・給油・部品・交換・修理・異常の早期発見・精度チェックなど

  • IoTでできること

    「問題点・改善点」の見える化!

    データの蓄積で設備の問題点を予測でき、情報の共有により他の管理者も確認することができる

生産効率をIMSで改善


  • 従来までの課題

    仮説や経験、設置経過年数を基に予防または事後保全

    1.製造部門の関心が低い

    2.故障解析の取り組みが弱い

    3.保全システムとその運用が弱い

    4.呼ぼ保全に対する取り組みが弱い

    5.全てを行うためには、労力+相当の期間がかかる

  • IMSによる改善

    データをもとにした計画的で無駄を最小限にした予防保全

    クラウド化された標準的なアプリケーションで、短期間の運用開始

    標準で機能や時間帯ごとの送信先も指定できる

    一般的な市販のセンサー類を接続してモニタリングできる

    3系統の接点入力で離れた場所への異常の連絡や緊急停止など様々な対応が可能

    故障前後のデータも簡単にCSVデータで取り込める

    警告発生ログも後から確認できるので、異常値の履歴を確認することも可能

改善事例

プラントモータの不具合を事前に予測したい

ベアリングの駆動時間と振動変化・温度変化・電流変化を数値化して蓄積。

不具合の予測・予防保全につなげる

    工場のIoT化:導入事例

         

    製造業とIoTを巡る環境が急速に変化する中、工場の生産性・品質向上、エネルギー利用効率化のためのIoT活用は不可欠な状況です。

    その波に乗り遅れないために何をすればいいのか?

    事例とともにIoT化の”はじめの一歩”をお伝えします。

  • 「大洋マシナリー株式会社」様、事例内容

    3基のモータに以下のセンサーを設置、モニタリングを開始

    1.電流測定センター

    2.振動測定センター

    3.温度センサー

    接点入力監視機能を利用して稼働時間の積算をひと目で確認可能に

    リアルタイムの稼働状況はもちろんメンテナンスの見える化を実施

    データを蓄積することで故障前後のデータを確認可能、故障原因の特定にも役立つ

  • 導入事例

参考資料


現状CSVが見られるグラフ

現状CSVが見られるグラフ

監視システムメイン画面

監視システムメイン画面

リアルタイムで機器のセンサー情報が見れる

リアルタイムで機器のセンサー情報

CSVダウンロード例

CSVダウンロード例