MONIBAT制御盤火災検知システム

火災を早期検出し、被害を最小限に!

MONIBAT 制御盤火災検知システム
MONIBAT 制御盤火災検知システム MONIBAT 制御盤火災検知システム

MONIBATとは

制御盤での火災とスパークを検知する装置です。

制御盤火災の原因

  1. 接点の劣化
    電磁開閉器などの接点が劣化し、抵抗が増加して発熱。
  2. 配線の不備
    配線の過密さや老朽化により、電線が接触し火花が発生。
  3. 過電流
    過大な負荷による過電流の発生。
  4. 過熱
    通風不良や外部からの過度の熱による、制御盤内の温度上昇。
  5. 電気部品の故障
    リレーやスイッチの故障により、内部で火花が発生。
  6. メンテナンス不足
    配線の劣化や部品の故障によるもの。
  7. 異物の侵入
    制御盤内にホコリや水分、小動物などが侵入したことによる、電線の接触や部品の故障。

予防するには

  • 定期的なメンテナンス

  • 適切な設計と施工

  • 環境管理

  • 過電流防止

などが必要です!

MONIBAT問題解決!

MONIBATは、制御盤内で発生するスパークや炎を検出します。

早期検出により、お客様の被害を最小限に抑えます!

  1. MONIBATを制御盤内に設置
    制御盤内に設置イメージ
  2. スパーク発生!!
    スパーク発生!!イメージ
  3. スパークに即反応!!
    スパークに即反応!!イメージ
    • 放電検知
      スパークした瞬間に検知します。
    • 炎検知
      発火した瞬間に炎を検知します。
  4. パトランプ発報により早期発見
    パトランプ発報により早期発見イメージ

5つの特徴

  1. リアルタイムモニタリング

    制御盤内の状況を常時監視し、異常を検知した際には即座にパトライトでお知らせすることができます。

  2. 早期発見

    火災を早期に検知し、発生初期段階で対応できるため、被害を最小限に抑えることができます。

  3. 安全性の向上

    従業員や設備の安全を確保し、火災による直接的な危害や二次災害から保護することができます。

  4. ダウンタイムの削減

    火災による設備の損傷を防ぐことで、生産設備のダウンタイムを減少させ、事業の連続性を保つことができます。

  5. コスト削減

    大規模な火災被害による修理費用や代替設備への投資、生産損失などのコストを削減できます。

製品FAQ

トータルサポートの流れ