IoT

スマート工場って何?

2020年04月01日
最近耳にするスマート工場は、製造業が工場で抱える課題解決をする有効な解決策の1つです。

スマート工場とは

スマート工場は、スマートファクトリーとも呼ばれています。工作機械や生産ラインといった設備をネットワーク接続し、情報管理の効率化や運営の最適化をする工場のことをスマート工場と言います。

スマート工場の仕組み

工作機械や生産ライン等の「見える化」「制御」「自動化」をすることができます。 見える化でそれまでデータとして存在しなかった情報を収集し、数値化することができそのデータを分析することで、故障前にメンテナンスを行うことができたり生産の無駄を省くことができたりできます。

スマート工場に必要なモノってなに?

スマート工場を導入するには何が必要なのでしょうか。必要なモノを見ていきましょう。

モノ

IoTには、データを収集し発信するための端末が必要になります。 工場のIoTデバイスの場合、生産ラインの機械・設備そのものにセンサーを搭載します。これにより、機械の稼働状況や気温など様々なデータを発信することができます。

クラウド

IoTデバイスが収集したデータは、ネットワークを経由して、クラウドに集約されます。

IoTプラットフォーム

IoTプラットフォームとは、IoTを活用するうえで必要な様々な機能を提供するプラットフォームです。

施工会社

工場にIoTを導入するには、施工会社が必要です。しかし、IoT導入をご検討されるほとんどの方が施工会社を探すのに苦労をしています。

弊社では、グループ企業に施工会社があるため、「デバイス・クラウド会社+施工会社」が1社で完結します。疑問点や質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。


ご相談・お問い合わせはこちらから