AI

何故教育現場でAIが活躍するのか

2020年03月04日
授業の準備、宿題の確認、テストの作成、事務作業、部活の顧問……。先生はやることがたくさんあります。生徒一人ひとりを指導するのは大変です。そんな忙しい先生をAIが補助してくれます。

何故教育現場で活躍するのか

生徒によって理解度や弱点は違います。どこで間違えたのか・どこが分からないのか・解答にどれくらい時間がかかったのか、などAIならデータ分析をすることができます。その分析をもとに生徒にあった出題や授業内容を提示してくれます。
AIが教育現場で活躍する例をご紹介いたします。

一人ひとりにあった教育

最近は、タブレットを導入する学校が増えてきていると思います。しかし、一人一台タブレットを導入している学校はまだ少ないです。
生徒専用のタブレットにすることによって、間違えたデータを蓄積したり、解答にかかった時間を計ったりでき、そのデータを基に宿題や問題を出題することが可能になります。

どこで悩んでいるのか

どの生徒が理解していないのかを判断するのは難しいです。でも、AIは画像認識が得意なので理解していない生徒を判断することができます。
例えば、教室にカメラを設置し生徒の表情をモニタリングし、理解できていない生徒や居眠りしている生徒がいたら先生にお知らせをします。
先生はお知らせをもとに授業の内容を変更したり、休憩を促したり授業改善に取り組むことができます。

採点の自動化

手書きで記入された解答が正解かどうかを判断するのは大変です。部分点が必要な場合は、採点基準に合わせて判断・採点していかなければいけません。採点作業は思っている以上に大変で忙しい先生にとっては大きな負担になります。
AIの文字認識技術を使用して採点を行うサービスが登場しています。これにより正確に採点を行うだけではなく、先生の負担も減らすことができます。


AIを導入することによって先生の負担を減らすことができたり、生徒自身も分かっていなかった苦手箇所を学習出来たり、先生と生徒に大きなメリットがあります。


ご相談・お問い合わせはこちらから