IoT

機械の予防保全とは何?

2020年02月12日
定期的にメンテナンスを行っていると良好な状態を保つことができ、機械の寿命を延ばすことができます。 では、機械の予防保全とは何をするのでしょうか。予防保全とは何か効率的に点検するにはどうすればいいかご紹介いたします。

機械の予防保全

保全を行う方法でもっとも初歩的なものは「機械が壊れたら修理をする」事後保全です。しかし、この方法は損失が大きく修理している間、機械を使用することができません。 「機械が壊れる前に定期的に部品を交換する」予防保全ですが、こちらも欠点があります。 故障の前に部品を交換するので故障は減少しますが、経験や勘に頼ってしまうので無駄が生じてしまいます。その他に、作業者のミスによる故障が起こる場合もあります。

IoTで予知保全をする

近年注目されている設備保全の方法が予知保全です。予知保全も定期的なメンテナンス行いますが、機械や設備に取付けられたセンサーからデータを取得してリアルタイムに監視しています。なので、トラブルの前兆を読み取り、すぐに対応することができます。
弊社では、機械や設備を遠隔で監視・制御しリアルタイムで計測・最適化するIoTを開発しています。工場や機械設備の悩み、質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。


ご相談・お問い合わせはこちらから