IoT

予防保全とIoTの関係性とは?

2020年01月29日
工場や商業施設、病院など施設には様々な機械が稼働しています。これらの機械や設備を管理し、最適な状態に保つことを保全と言います。
故障する前に故障する箇所が分かるとコストや機器の停止を回避することができますよね。
今回は、予防保全だけではなくIoTとの関係性もご紹介いたします。

なぜ予防保全が必要なのか

予防保全していないと・・・
・故障発生からの対応だと、部品調達に時間がかかり機器が稼働しない時期が長期化する恐れがある
・何も保全せずに故障してしまったら最悪、修理不可能になる恐れがある

予防保全していると・・・
・予防保全により機器の寿命を長くできることで、コスト削減につながる
・故障した部分の買い替えを回避でき、稼働が止まることで起こる生産性のロスも回避できる

予防保全とは

予防保全とは、機械や設備を継続的に安定して稼働させるために、点検や修理、部品交換などの計画を立てて定期的にメンテナンスをしていくことです。

IoTとの関係は?

今までは経験と勘によって行っていた予防保全ですが、IoTを組み合わせることでデータに基づいた予防保全を行うことができます。
IoTで情報を収集し、それをビックデータとして蓄積し、データ解析を行います。これにより、過去の履歴からトラブル発生に結びつく兆候や期間が分かり、故障発生時期を予測することができます。

弊社では、工場や機械、設備などを遠隔で監視・制御しリアルタイムで計測・最適化するIoTソリューションを開発しています。機械の故障解析がしたい、予防保全にデータを役立てたいなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。


ご相談・お問い合わせはこちらから