ニュース

植物に日光浴をさせるために移動するロボット

2019年08月30日
ロボットは、「ヘキサ(HEXA)」という名前で6本足のAI機能を搭載したプランターです。
植物に光合成が必要な時に日当たりのいい場所まで歩いて連れて行ってくれます。
また、植物に水が必要になると足踏みで知らせてくれ、植物が満足するとダンスを踊ってくれます。
ヘキサ(HEXA)は、プランター用に開発されたのでなく、「プログラミングの知識がなくてもアプリ経由で簡単&自由にプログラミングできる」というコンセプトで作られたロボットです。カメラを搭載しており、6本足で安定した移動ができるので室内・野外どちらでも使用することが出来ます。
プランター仕様のヘキサ(HEXA)は、開発者のSun Tianqiさんがリプログラミングしたものです。ヒマワリの展覧会で枯れたヒマワリを見て「ヒマワリが自分で動くことが出来たら枯れずにまだ生きていたのではないか」と考え、植物に自由を与えるヘキサ(HEXA)を開発しました。

参照URL:https://www.theverge.com/2018/7/12/17563688/robot-plant-hybrid-hexa-vincross-succulent


まとめ

植物を育てようと思っても、枯れてしまったり、水をあげるのを忘れてしまったりすることがあると思います。
私も水をあげ忘れてしまうことがよくあります。でも、このロボットさえいてくれれば枯らしてしまったり、水をあげ忘れることもなくなりますね。


ご相談・お問い合わせはこちらから