IoT

都市型農業を始めるならIoT

2020年03月18日

都市型農業とは

ビルが立ち並ぶ都市の屋上に農地があるのを知っていますか。消費者との距離が近いので新鮮な農作物の供給ができ、さらに農業体験の場や災害に備えたオープンスペースの確保など多面的な役割を担っています。
都市型農業に多いのがシェア農地です。普段は違う仕事をし、仕事終わりや休みの時に農作物の世話をする人が多いのではないでしょうか。 そんな都市型農業と切っても切り離せない関係にあるのがIoTです。

IoTは必要不可欠

普段違う仕事をしているといつ水をあげたかいつ手入れをしたか忘れることありませんか。忘れることはなくても水をあげすぎてしまうことありませんか。そんな問題を解決してくれるのがIoTです。
アプリを通して成長を見ることができます。その他にも収穫時期や水をあげるタイミング、肥料などの手入れの時期、種まきの時期なども教えてくれるアプリもあります。
このようなアプリを使えば水のあげ忘れや水のあげすぎで根腐れを起こすこともなくなるでしょう。
弊社では、新規開発を承っています。ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。「こんなアイディアがあるけどコラボできないかな」、「こんなことをしたいけどできるかな」などのお問い合わせもお待ちしております。


ご相談・お問い合わせはこちらから