ニュース

北海道神恵内村で、IoTを活用したウニ・ナマコ陸上養殖の実証実験を開始!?

富士通と生物調査などの事業手掛ける沿海調査エンジニアリングは、IoTを活用したウニ・ナマコ陸上養殖実証実験を4月より本格的に開始いたしました。

養殖水槽に入れた日付ごとにロット管理を行い、給餌や出荷などの作業情報を入力することでデータを蓄積する。蓄積したデータはトレーサビリティ情報としても活用できるという。
また、各種センサーやカメラと養殖管理システムを連携させることで、水温、水の濁り度合い、塩分濃度などのデータや水槽内の映像をPC・モバイル端末からリアルタイムに確認でき、センサーの収集値が設定した閾値を超えた際に、メールや管理システムの画面上で通知する機能も備えるという。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/16-1.html

MTLでは、新規開発を行っております。こんな事がしたい、出来たらいいなをお聞かせください。
お問い合わせはこちらから